福井の中小企業の給与・労務管理コンサルタントに特化した社会保険労務士事務所

労務診断

労務診断

社長さんの腹にストンと落ちる労務診断をします

労務トラブルは年々増えています。次のようなお悩みはありませんか?

  • 若い社員の定着率が悪い
  • サービス残業を合法的に解消したい
  • 給与制度を作ったが、どうもしっくりこない
  • けしからん社員に対処しきれない
  • 労使のもめごとばかり起こって本業に集中できない

このままではやってゆけなくなる、
なんとかしないと!

経営には2つあります。
それは「継続的推進力」「継続的維持力」です。
簡単に言うと・・・

継続的推進力:いいもの作れ、たくさん売ってこい、儲けたか、のこと

継続的維持力:組織体制、ヒトに関すること

継続的維持力をもっと簡単に言うと、“労務のこと”といっても過言ではないでしょう。

労務をほったらかしにしていませんか?

組織体制は経営の中枢です。
労務のことがうまくいっていなくては、企業は力を出せません。

推進力となっている“儲けたかどうか”は、決算書を見たり分析したり、と一生懸命なのに、維持力である労務のことは、ほったらかしですよね。

会計監査ってあるのに、“労務の監査”ってしないですよね。労務が法律に照らして適切かどうか、効率的に業務が執行されているかどうか、監査なんてしませんよね、すべきと思いませんか?

現在社会は、働き方が多様化し、法律は複雑化してきています。もめごとが起こってからでは対応しきれない。どんなもめごとが起きるかも分からない世の中となっています。
知らないで済んでいることのほうが多いのかもしれません。怖いことになる前に、一度きちんと点検しておくべきです。

労務管理や賃金制度が今のままでイイワケはないはずです。
何が悪いのか、どこが問題なのかはっきりしないなかで、モヤモヤ、イライラしていてもしょうがありません。

どうしたら良いのか、何から手をつけたらよいか分からない。悩むばかりで手も足も出ない。
そんな労務分野に関して、総点検をする必要があるはずです。

働きがい研究所では労務管理でどこに問題があるのか、社長さんの腹にストンと落ちる労務診断をします。その悩みの原因をえぐりだします。優先課題が何であるかズバリ診断します。

診断の例をあげますと、

  • 雇用契約の問題点
  • 求人力と人材力
  • サービス残業の問題点
  • 時間管理の問題点
  • 就業規則の問題点
  • 賃金のムダ払い
  • 合理的賃金決定
  • 退職金制度、積み立ての問題点
  • 評価制度の問題点
  • 賞与制度の問題点
労務診断の料金
  • フル診断コース 200,000円(税別)
    (就業規則・給与・賞与・退職金・残業・採用と定着・リスク管理など)
  • 簡易診断コース 100,000円(税別)
    (就業規則診断のみ。その他の診断に限定する場合も同程度の料金です)

お気軽にお問合せください TEL 0776-57-1380

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright c 働きがい研究所 All Rights Reserved.