厚生労働省は、全国の大学生などを対象として、自らの労働条件の確認を促すことなどを目的とした「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンを4月から7月までの4ヵ月間実施している。

キャンペーンでは、アルバイトをする学生が労働基準法に関する必要な知識を得るためのリーフレットの配布や、大学等での出張相談などを実施するほか、学生アルバイトを雇用する事業主に対して、雇用に当たって注意すべき労働基準法上の重要事項を示している。

キャンペーンで学生や事業主に重点的に呼びかけている事項は、①労働契約締結の際の学生アルバイトに対する労働条件の明示、②学業とアルバイトが両立できるような勤務時間のシフトの適切な設定、③学生アルバイトの労働時間の適正な把握、④学生アルバイトへの商品の強制的な購入の抑制とその代金の賃金からの控除の禁止、⑤学生アルバイトの労働契約の不履行等に対して、あらかじめ罰金額を定めることや労働基準法に違反する減給制裁の禁止──となっている。

同省では、全国の大学、短期大学、高等専門学校、専修学校にリーフレット・ポスターを送付して、これらを活用した説明会の実施、学内の掲示板への掲示等、キャンペーンへの協力を依頼している。加えて、学生数が多い大学等を中心に、都道府県労働局による出張相談を実施することとしている。

また、キャンペーンの内容を事業主団体や学生アルバイトが多い業界の団体等に周知し、傘下の会員企業への広報を依頼するなどしている。