厚生労働省は、平成30年6月1日現在の労働者派遣事業の状況をまとめた。それによると、派遣労働者数は約134万人で前年に比べ14.4%減少している。

30年6月1日現在の派遣労働者数は、無期雇用派遣労働者が31万1146人(対前年比32.2%増)、有期雇用派遣労働者が92万5070人(同17.4%減)、また、旧特定労働者派遣事業の無期雇用派遣労働者が9万9142人(51.7%減)、同有期雇用派遣労働者が2万614人(同51.9%減)で、合計133万5358人となり、前年(156万662人)より14.4%減少した。

製造業務に従事した派遣労働者数は、無期雇用派遣労働者が6万1814人(うち旧特定労働者派遣事業の無期雇用派遣労働者が1万5222人)、有期雇用派遣労働者が21万9856人(同7490人)の合計28万1670人(対前年比2.2%減)となっている。