福井の中小企業の給与・労務管理コンサルタントに特化した社会保険労務士事務所

所長 橋 敏夫プロフィール

社長の立場にたった身近な法律相談相手 橋 敏夫です。

学校卒業後、今時のフリーター半年、その後「釣り人」なる雑誌の取材で知り合った人が百貨店にルアーとフライのプロショップを出店すると言うことで就職、店長として勤務。転勤をきっかけに福井にUターン。今はもうない信用金庫の子会社の保険代理店に就職、労務管理のいい加減さ、メチャクチャさに呆れて退職、在職中に取得した資格を生かそうと実務も顧客もなく無謀開業。

あっちこっちと動き回るうちに社長の本音をポロリ・ちらりと聞き、親しくなった社長と話していると社長は孤独、本音で話し合える同志が必要なことに気づく。

私とて数人しか雇用していないが経営者の端くれ、今は気心の知れた従業員と顧客に恵まれてはいますが、ここに至る道はなにくそ、なんのその、へこたれぬ、世の中の社長のつらさを実体験、経営の難しさ以上に、人の問題で悩み続けました。

求人をかけても誰~も来ないに始まり、給与の決め方、やめて貰いかた、解雇で悩みました。社会保険労務士でありながら人の問題で七転八倒。『孤独な経営者が本音で相談できる相手が欲しい』の言葉の重さを痛感。しかし、この七転八倒の経験が賃金労務対策の実践ノウハウ習得に。

標語は・・・

・『働きがいのあるいい会社を作ろう』

・働きがいとは『努力の報酬』

・いい会社とは『好きな仕事、好きな社員(社長)、好きな顧客』のそろった会社

趣味は・・・

・読書(何でも読みます。司馬遼太郎、開高健から内館牧子まで、近頃は継体天皇・天狗党関係をよく読んでます。ただ今、「夜明け前」読破中。)

・音楽はキーワードで言うと、フィルスペクター、50‘s~60‘s、ハルブレイン、ブライアンウイルソン、doo-wop、ロネッツ、クリスタルズ、大瀧詠一、山下達郎、松本隆、三橋道也、クローバーズ、ダブス、こんな感じの音楽観です。楽器はドラムとバイオリンがいいですね。

・釣りは、もう竿を置きました

遊びは ・・・・・・・・・・仕事ばかりしていて遊び相手が居りません、誰か遊びましょう!山歩き誘ってください、スキー誘ってください。2年前からスキー再開、今年は綺麗に滑ることに勤めます。

特定社会保険労務士

福井市出身(旧、川西町)出身。

北陸高校、和光大学経済学部卒。

福井南ローターリークラブ会員

盛和塾福井塾生

1955年生まれ。

 

お気軽にお問合せください TEL 0776-57-1380

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright c 働きがい研究所 All Rights Reserved.