中央省庁の障害者雇用3,460人水増し、再調査結果公表

中央省庁で障害者雇用数が水増しされていた問題で、政府が公表した再調査結果(昨年6月1日時点)によると、従来の調査で約6,900人の雇用とされていたが、このうち3,460人が水増しされていたとわかった。2.49%とされていた障害者雇用率も、実際には1.19%であった。今後、弁護士らによる原因の検証チームが設置されるほか、地方自治体の全国調査も実施される。

前の記事

厚生年金、パート適用拡大へ

次の記事

裁判所も障害者雇用数を水増し