現役並み所得者の介護保険利用料3割負担へ 18年8月目途

厚生労働省は、現役世代並みの所得がある高齢者を対象に、介護保険の自己負担割合を現在の2割から3割に引き上げる時期を2018年8月からとする方針を固めた。来年の通常国会での改正を目指す。

前の記事

女子内定率が過去最高へ