70歳継続雇用対策セミナー

「人生百年時代」と言われるようになりました。
国は70歳までの就業機会の確保を改正高齢法に定め、令和3年4月施行することになりました。今後は高年齢者の雇用に関する法改正が続々施行となり、高年齢者を取り巻く雇用環境がガラッと変わります。
今回は、高齢者を取り巻く法改正と処遇のあり方を中心にお伝えします。

高年齢者雇用の現状

  • 65歳以上定年企業の推移
  • 継続雇用の状況など
  • 検討中企業と実施企業が課題と回答したこと

高年齢者を取り巻く法改正

  • 70歳就業努力義務化
  • で、どうしたらいいの?当事務所の提案
  • 年金の受給開始年齢を75歳まで拡大
  • 60歳台前半の在職老齢年金基準額引き上げ
  • 在職時定時改定(新しい年金額の見直し方法)
  • 短時間労働者にも厚生年金適用

60歳代前半の嘱託社員には25万円払おう

  • 定年再雇用後に賃金はどう変わるのか?
  • 当事務所の推奨賃金パターン
  • 定年前の賃金が低い従業員にはどう対応?
  • 長澤運輸事件 最高裁の判断要素
  • 国家公務員は基本給を0.7に減額、65歳定年へ

助成金について

  • 65歳超雇用推進助成金
開催日 2021年
2月26日(金)15:00~17:00
会場 福井県自治会館
(福井市西開発4丁目202  TEL 0776-57-1111
講師 橋 敏夫(特定社会保険労務士)
定員 10名(ご入金順)
社会保険労務士、税理士、コンサルタントなどの方はお断りします。
対象 経営者、管理職、総務人事関係
受講料 1名様につき 7,000円(税込)
当社の会員企業様は無料(同伴者も無料)。2名からは半額。
入金完了をもって、申込み完了となります。

セミナー参加お申込み

ファクスからのお申込み

    必須会社名
    必須ご住所
    必須受講者お名前
    任意受講者お名前
    必須電話番号
    必須メールアドレス
    必須個人情報の取扱い
    個人情報の取扱いに関する告知文

    スパムメール防止のため、こちらのチェックボックスにチェックを入れてから送信してください。